子供の野菜嫌いをなんとかしたい!野菜嫌いを克服する3つの解決法

子供の野菜嫌いをなんとかしたい!野菜嫌いを克服する3つの解決法 青汁コンテンツ

子供の野菜嫌いは、親にとってはちょっと心配ですよね。

このまま食べれなくなったらどうしよう…とか、栄養バランスは大丈夫かしら?など…不安がいっぱい。

農家だった我が家でも、子供が小さい頃は「野菜嫌い」が結構あったんです。

でも、いろいろと試行錯誤して「野菜嫌い解消」した経験をもとに、子供の野菜嫌いを克服する方法をお伝えします。

野菜を細かくして食材に混ぜ込む

野菜嫌いを克服する キーマカレー

1番効果的だったのはこの「細かくした野菜を食材に混ぜ込む」ことでした。

野菜嫌いの子供にとって「野菜の原型」をみるだけで拒否反応を示します。

たとえどんなに甘い味付けで、素材の味がなかったとしても、そんなの子供には関係ありません。

そこに嫌いな野菜があるわけですから、見た目で「NO!」となってしまうのです。

おすすめなのは「ハンバーグ」に細かくした野菜を混ぜ込んだり、キーマカレーの具材に混ぜ込むなど、子供の好きなおかずに野菜を混ぜ込むことです。

つまり野菜の原型をなくしてしまうんです。

そして、こどもが「このハンバーグおいしい!」と言った後からネタバラシするのがいいでしょう。

こんな簡単な方法ですが効果はテキメンです。

一緒に野菜を育てる

一緒に野菜を育てるなんて無理!と思わないでください。

実は多くの野菜は「プランター栽培」が可能です。

野菜嫌いで多いい「ニンジン」も実はプランター栽培が簡単にできます。

ホームセンターなどで「ミニキャロット」の種を買ってみましょう。

プランターでかわいいニンジンが簡単に作れます。

味も普通のニンジンと比べるとはるかに甘く、一緒に種まきから収穫まですることにより、愛着がわき、意外と生のままでも美味しく食べることができます。

野菜の見た目に拒否反応を示さない場合は、この方法はとっても有効ですよ。

プランター栽培できるおすすめの野菜

プチトマト(ミニトマト)、ミニキャロット、きゅうり、ナス、ほうれん草、小松菜、ラディッシュ、などがすおすすめです。

プランターに園芸用培土を入れて、種をまくだけです。

プランターがない場合は土が入っている袋をそのまま利用しても大丈夫ですよ。

子供でも美味しく飲める青汁で栄養を摂る

最近の青汁はとっても美味しくできています。

野菜嫌いで野菜不足になることだけは避けたいところです。

フルーツ青汁なら、お母さんも一緒に美味しく飲むことができますし、豊富な栄養素を一度に摂ることができます。

また、子供専用の美味しい青汁もあります。
こどもバナナ青汁
このような子供専用の青汁は、美味しいだけでなく安全面でもしっかり配慮されているので、安心して野菜不足を補うこともできます。

野菜嫌いを克服するタイミング

子供の野菜嫌いを克服するタイミングは、早ければいいというものではありません。

実はちょっとしたきっかけで「大好き」になることもあります。

野菜嫌いを克服する一番大切なことは「タイミングを見つけること」といっても過言ではありません。

屋外でのバーベキューをきっかけに野菜嫌いを克服したり、子供たちの誕生会などで、みんなと一緒に作った野菜料理がきっかけだったりと、タイミングがよいとスムーズに野菜嫌いを克服することができます。

そのきっかけを料理や、家庭菜園などで作ってあげることが大切です。

子供が野菜に興味を示した瞬間を見逃さないようにしましょう。

この記事で紹介した青汁:野菜不足のこどもに『こどもバナナ青汁』