青汁はいつ飲むの? 青汁を飲むタイミングをズバリ解説!

青汁を飲むタイミング 素材と栄養

リクエストの多かった質問が「青汁を飲むタイミングって朝・昼・晩のどれがベストなの?」という質問です。

そうなんです。

青汁は、目的別に飲むタイミングも若干変わります。

飲み方1つで効果を倍増する可能性も!?

そこで今回は、青汁を飲むタイミングをズバリ解説します。

青汁の効果的な飲み方をマスターしましょう!

青汁の飲み方 基本中の基本を知っておこう!

そもそも青汁は健康食品なので飲みすぎても大丈夫!と思っている方もいるかと思いますが、それはちょっと危険ですよ。

青汁にはお腹がゆるくなりやすい「食物繊維」が豊富に含まれているのです。

さらに、一緒にとることが多い「牛乳」もお腹がゆるくなりやすい食べ物なので、牛乳に溶かして大量に飲むと一発で「下痢」になる可能性もあります。

大量とは一体どのくらいの量かというと、説明書きに書かれている「目安の量」ということになります。

多くの青汁が1日1~3杯となっているので、摂取量は厳守したほうがいいでしょう。

1日3杯なら食前・食後などの決まりはあるの?

飲む量については決まりがありますが、飲むタイミングには特に決まりはありません。薬ではないですからね。

もちろん、1日の中で好きな時間や空いた時間に飲むのもいいんですが、どうせなら「より効果的な飲み方」をしたほうがいいですよね。

青汁を飲む方の多くは「野菜不足解消」や「ダイエット」「便秘解消・快便」「快眠」などの目的を持っている人がほとんどです。

そこで、目的別に飲むタイミングはいつがいいのか見てみましょう。

「野菜不足を補いたい方」が青汁を飲む場合のタイミング

野菜不足で青汁を飲むタイミング

野菜不足を補いたい方におすすめな、青汁を飲むタイミングはズバリ「朝」です。

特に、朝起きてすぐに飲むことで睡眠時に失われたエネルギーを補給し、さらに朝食後の快便にもつながります。

睡眠から目覚めた体は、汗などで水分が失われているだけでなく、体力も多く消費しているため栄養吸収力がとても強い状態にあるのです。

また、寝起きに青汁を1杯飲むことで胃が活発になり、朝食を食べたいという気持ちが起こってくるんです。

最近は朝食抜きなんて人も多いので、寝起きの青汁はとても効果的といえますね!

寝起きはまだ胃が活発でないため、冷たい水で青汁を飲むのは胃に負担をかけることになります。

できれば常温水で溶かして飲むのがいいでしょう。

「ダイエット目的の方」が青汁を飲むタイミング

「ダイエット目的の方」が青汁を飲むタイミング

ダイエット目的で青汁を飲んでいる方におすすめなタイミングは、ズバリ「食前」です。

そもそも、ダイエットに効果的な食事のとり方とは次の通りです。

  1. 水分の多い汁物(味噌汁やスープなど)
  2. 野菜などの食物繊維が豊富な食べ物
  3. 肉、魚などのたんぱく質を多く含む食べ物
  4. ご飯や麺などの炭水化物

どうです?

この順番を見てもわかるように、野菜(豊富な食物繊維)は食前(メインの前)に摂るのがダイエットに効果的なんです。

さらに、外食で牛丼やラーメン、ハンバーガーなど「単品」の食事をとる場合もあると思いますが、そんな時こそ「食前の青汁」が効果を発揮するのです。

「便秘解消や快便目的の方」が青汁を飲むタイミング

「便秘解消や快便目的の方」が青汁を飲むタイミング

便秘解消や、快便が目的で青汁を飲む方はかなり多いのですが、ベストな飲むタイミングは食前食後に関係なく「朝」と「晩」の2回です。

また、「朝」は食前がおすすめ!

実は私も寝起きの青汁を実践してから、出社まえに「スムーズな快便」が継続しているんです。

便秘や快便については「快便すぎる? 青汁で【お腹スッキリ快便ダイエット】のツボ!」でもお伝えしています。参考にどうぞ。

また、青汁には豊富な食物繊維が含まれているため、夜間は胃が活発にならないよう「早め」に摂ることがおすすめです。

特に、就寝直前は負担をかけやすいので、できれば夕食時に一緒にとるのがいいでしょう。

「不眠解消や安眠が目的の方」が青汁を飲むタイミング

「不眠解消や安眠が目的の方」が青汁を飲むタイミング

不眠解消や安眠、快眠が目的の方が飲むベストなタイミングはズバリ「夜」です。

夜でも、寝る直前ではなく「睡眠の1~2時間前」がベストなタイミングです。

また、不眠解消や快眠に効果的な成分は「メラトニン」という物質ですが、これはケール原料に多く含まれています。

不眠解消や快眠については「青汁で睡眠!メラトニンを補い「不眠解消」するベストな方法」でもお伝えしていますので詳しくはそちらをご覧ください。

青汁はいつ飲むの?  青汁を飲むタイミングのまとめ

いかがでしたか? 青汁を飲むベストなタイミングにはちゃんとした理由があるんです。

同じ1杯なら、より効果的なタイミングで飲むほうがいいですよね。

しかし、もっとも大切なのは「継続」することです。

よくありがちなのが「タイミングがズレちゃったから飲まない」ということ。

青汁は薬ではないので、多少時間がずれても体はしっかり吸収してくれます。

飲まないほうが結果的に効果が出にくくなりますし、時間もかかります。

あまり難しく考えずに「目安」として飲むタイミングを活用なさってくださいね。