青汁の効果

青汁で快眠を!メラトニンを補い不眠や睡眠不足を解消するベストな方法

投稿日:

あなたは毎日ぐっすり眠り、快適な朝を迎えていますか?

睡眠は、健康に生活するためには必要不可欠な大切な行為ですが、なかには「長時間寝ても疲れがとれない…」「なかなか寝つけない…」「疲れていても全く眠れない…」など、しっかり眠れない人も多いのではないでしょうか?

ここでは、青汁に含まれている「睡眠」に効果的な成分や原料・飲み方のほか、しっかり睡眠をとるためのポイントをお伝えします。

不眠の原因はこれだった!

ぐっすり眠りたいけど眠れない!

そんな不眠の1番の原因は「日常生活でのストレス」といわれています。

実は「栄養不足」が原因で不眠症になっている可能性もあるんです。

不眠に効果的な栄養素をしっかり補給することで「不眠解消」につながります。

そのほかにも、不眠の原因として「むずむず脚症候群」があります。
むずむず脚症候群に要注意

この「むずむず脚症候群」は睡眠にも大きく影響しています。

簡単に説明すると、次のような症状がある場合は「むずむず脚症候群」の可能性があります。

  1. 横になると足に違和感を感じる
  2. 夕方以降に足に異変を感じるが、歩くことで治る
  3. 足の違和感が原因で睡眠に影響している
  4. 足の不快感により倦怠感や気力低下がある
  5. 仕事中や乗り物で座っているときに足をじっとしていられない

このような症状がある場合は「むずむず脚症候群」の可能性があります。

「むずむず脚症候群」に効果的といわれる栄養素も、しっかりチェックしましょう!

不眠の原因は栄養不足!? ぐっすり眠るための9つの栄養素

不眠に効果的といわれている栄養素は、大きく9つあります。

  1. 葉酸
  2. ビタミンB1
  3. ビタミンB12
  4. ビタミンE
  5. 鉄分
  6. マグネシウム
  7. カリウム
  8. メラトニン
  9. トリプトファン

葉酸

葉酸は別名「血を作るビタミン」といわれ、妊娠前や妊娠中に摂取するのがよいといわれている栄養素です。

葉酸が不足すると、足にしびれや痛みを感じて、睡眠の障害となるといわれています。

ビタミンB1

ビタミンB1は(チアミン)は、体内に蓄積しにくいビタミンで、その補給には青汁やサプリメントで行うことが良いといわれています。

さらに、チアミンの役割は記憶力向上や、痴呆症予防、食物やアルコールの分解促進、利尿作用、ストレス軽減…などで、このチアミンを補給することで、日常生活での疲労回復効果が高いとされています。

ビタミンB12

人間は、ある一定のリズムで日常生活を行っています。

たとえば、夜勤などで不規則な睡眠が続くときには不眠になりやすくなります。

本来睡眠をとる時間に寝ることができないと「体内リズム」が狂い、ますます眠れない状態になります。

夜勤明けの仕事をされている方が、朝方帰宅しても眠りにつけないなどはこの典型的なパターンです。

ビタミンB12はこの「体内リズム」の睡眠パターンを正常にする働きがあります。

体内時計を修正することで、より質の高い睡眠を得ることが可能になります。

ビタミンE

ビタミンEの抗酸化作用が、睡眠不足に効果があるといわれます。

ビタミンEは「むずむず脚症候群」にも効果があります。

鉄分

不眠の原因は栄養不足!? ぐっすり眠るための9つの栄養素

 

鉄分は、生命維持に大変重要な栄養素です。

とくに体の隅々まで酸素を運ぶ働きに鉄分は欠かせません。

鉄分の働きにより酸素が運ばれ、体温維持や疲労軽減、子供の成長促進などが行われます。

まさに、鉄分なくしては生きていくことができないのです。

鉄分は、体の「フェチリン」という場所に栄養素を蓄えています。

つまり、このフェチリンが不足している状態は「鉄分不足」ということになります。

このフェチリンを増やすには、体に吸収されやすい鉄分の摂取や、鉄分の吸収を助ける食品を同時に摂ることが大切です。

しかし、鉄分は吸収率がとても低いので、吸収を助ける食品と一緒にとることが理想的です。

鉄分の吸収を助ける食品として、肉類・レモンなどのほか、青汁に多く使用される「緑黄色野菜」がよいと言えます。

また、鉄分不足が原因で「むずむず脚症候群」になることもあるので注意が必要です。

マグネシウム

マグネシウム不足は、不眠に大きな影響を与えます。

さまざまな不眠の原因の多くはマグネシウム不足とも言われています。

不眠の症状を感じたら、まず「マグネシウム不足」を疑ってみてください。

マグネシウム不足が原因で起こる睡眠障害としては、頻繁に目が覚める、興奮して眠れない、すぐに目が覚めるなどの一般的な不眠症状です。

また、「むずむず脚症候群」にも効果があります。

青汁原料でケールなどの緑黄色野菜には多くのマグネシウムが含まれています

野菜以外では、ひまわりの種やアーモンド、落花生などのナッツ類に多く含まれています。

カリウム

夜中に頻繁に目が覚めてしまう人は、カリウム不足の可能性があります。

カリウム不足は、睡眠を妨げることになるので注意が必要です。

トリプトファン

トリプトファン

睡眠ホルモンの「メラトニン」を分泌する原料が、トリプトファンです。

トリプトファンは、必須アミノ酸で体内で作り出すことができない栄養素です。

このトリプトファンには「不眠解消」「美肌効果」「集中力・記憶力向上」など多くの効果があります。

その中でも、トリプトファン不足により「不眠」を起こすことが、多くの臨床実験で解明されています。

睡眠ホルモンのメラトニンは、太陽光などの強い光を浴びることで、おそよ「14時間後」に作り出され、体温調節や血圧降下などにより「眠りに適した状態」を作り出します。

14時間後ということは、太陽を「朝7時」に浴びれば「夜9時」ということになりますよね。

つまり、メラトニンがしっかり分泌されれば、朝日などの強い光を浴びてから14時間後には、正常な眠りを誘発する環境が整うことになるのです。

青汁に含まれる「睡眠」に最も効果的な栄養素とは?

これまで、睡眠(不眠対策)に必要な栄養素をみてきましたが、青汁にも睡眠に効果的な栄養素はたくさん含まれています。

しかし、原料や素材は商品によりさまざまで、使用する原料により含まれる栄養素も違ってきます。

では、睡眠(不眠解消)に効果的な栄養を多く含んでいる原料は一体難なのでしょうか?

睡眠ホルモン「メラトニン」は青汁原料「ケール」にあり!

睡眠ホルモン「メラトニン」は青汁原料「ケール」にあり!

青汁原料のケールには、他の野菜と比べメラトニンが豊富に含まれています。

野菜100gあたりのメラトニン含有量を比較してみましょう。

食品名成分量(ng)ナノグラム
ケール(kale)4,300
エンバク(オート麦)180
トウモロコシ139
お米100
貝割れ大根86
生姜(しょうが)58

このように、ケールを原料とした青汁には多くの「メラトニン」が含まれています。

しかし、このケールだけからメラトニンを摂取すれば大丈夫? といえばそうではありません。

ケールに含まれるメラトニン量は、他の野菜と比べると確かに多いのですが、これでも絶対量は足りないのです。

つまり、青汁を飲めば不眠解消ができるわけではありません。

青汁原料ケールに含まれるメラトニンの含有量に注目!

先程の表でお気づきの方もいたと思いますが、ケールに含まれる「メラトニン」含有量は4300ngですよね。

そう「ナノグラム」なんです。

メラトニンに関しては一般的にこのようにナノグラム(ng)で表示するため間違えやすいのですが、これをミリグラム(mg)に直すと表はこうなります。

食品名成分量(mg)ミリグラム
ケール(kale)0.0043
エンバク(オート麦)0.00018
トウモロコシ0.000139
お米0.0001
貝割れ大根0.000086
生姜(しょうが)0.000058

あらあら!ケールにあまりメラトニン入ってないの? と思われた人もいるかと思いますが、これでも野菜の中では圧倒的に多く含まれているのです。

じゃあメラトニンはサプリで補給!でもちょっと待って!

じゃあメラトニンはサプリで補給!でもちょっと待って!

メラトニンをサプリメントで補うことも可能ですが、妊婦や授乳中はもちろん、メラトニンサプリメントの摂取で病気を悪化させたりるなど「血圧低下作用」などによる副作用の恐れがあります。

国内では認められていないので、使用にあたっては必ず医師の処方が必要な「医薬品」なのです。

青汁でメラトニンを補いながら「不眠解消」するベストな方法

残念ながら、青汁で大量のメラトニンは摂取できません。

しかし、メラトニンが大量摂取できない=不眠解消できない…というわけではありません。

ケールには圧倒的に豊富なメラトニン以外にも、質のよい睡眠に必要な栄養素がたくさん含まれています。

不眠解消には、栄養素の補給以外にも「体内リズム」を正常化させるために朝に太陽の光を浴びる、適度な運動をする、夕食は早めに摂るなどよい睡眠に必要な生活習慣があります。

つまり、不眠解消や質のよい睡眠のためには、規則正しい食生活や生活習慣や、睡眠環境(室内や寝具など)を整える必要があるのです。

青汁は不眠解消を食生活からサポートする役割です。

メラトニンサプリの過剰摂取や、青汁の大量摂取だけで不眠が解消することはありません。

健康的な生活のためには「睡眠」はとても大切です。

不眠解消のためにやるべき事はたくさんありますが、基本はしっかりとした栄養バランスが取れた食生活で「キレイなカラダ」でいることだと思います。

青汁は「内側もキレイなカラダ」でいるためのサポートとしては「最高の1杯」だといえるでしょう。

みんなが選んだおすすめ青汁

すっきりフルーツ青汁

すっきりフルーツ青汁

なんといっても美味しいフルーツ青汁! 

美容とダイエットに特化した成分がいっぱい! なんと81種類の美容やダイエットに有効な成分配合した「すっきりフルーツ青汁」は、酵素と乳酸菌の力でダイエットを実感できる青汁です。

また、 短期集中ダイエットプログラムを簡単にはじめることができます。 ファスティングダイエットが始めての人も、簡単に始められるのは嬉しいですね。

数あるフルーツ青汁の中でも、ちょうどいい甘さで美味しいのが特徴。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>

バナー原稿imp

抹茶配合でとにかく飲みやすい青汁!

ヘルスマネージ大麦若葉青汁 難消化性デキストリンのこだわりは、 糖の吸収をおだやかにする効果がある「特定保健用食品」でありながら、栄養豊富・農薬不使用の「有機大麦若葉」をベースに使用しているなど、原材料にもしっかりこだわる「信頼できる青汁」です。

豊富な食物繊維ランキング1位の実力で、食物繊維量が数ある青汁の中でも群を抜いて多く含まれているのも大きな特徴です。

「抹茶配合」で、美味しく、飲みやすく、便秘などのスッキリ系には最適!

マイケア ふるさと青汁

ふるさと青汁

メタボ対策にも嬉しい成分がいっぱい!

クセのある明日葉を飲みやすくした「ふるさと青汁」は女性に人気!

明日葉の豊富な栄養素をしっかり取れる明日葉はかなり「クセ」がありますが、この「ふるさと青汁」は飲みやすい明日葉青汁に仕上げています(※甘みはありません)

女性に支持される最大の特徴は「ふるさと青汁」に含まれる明日葉の成分「カルコン」で、朝のスッキリ対策だけでなく、メタボに対策にもおすすめできます。

返金保証付きなので安心です! 

-青汁の効果
-

Copyright© 青汁の達人 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.