素材と栄養

青汁に含まれるルテインの優れた効果・効能・副作用とは?

投稿日:

ルテインという栄養素を聞いたことがあるでしょうか?

多くの野菜に含まれ、青汁原料にも多く含まれている天然色素の1つです。

実はこのルテインは、強烈な紫外線・テレビ・パソコンなどの有害な光を浴び続ける私たちにとって、非常に大切な天然色素なのです。

今回はその「ルテイン」についての効果や効能、副作用についてわかりやすくまとめました。

青汁を栄養成分で選ぶときや、これからお伝えする症状などを感じている方は参考にしてくださいね。

「天然のサングラス」ルテインとはどんな成分?

「天然のサングラス」ルテインとはどんな成分?

ルテインとは、カボチャやニンジン、ほうれん草、ブロッコリーなどの「緑黄色野菜」に含まれる黄色の天然色素です。

強い抗酸化作用があり「天然のサングラス」とも呼ばれる効果を持っています。

「天然のサングラス」と呼ばれるのは「目」の様々な症状に抜群の効果を発揮すると言われているからです。

目といえば、一般的に「ブルーベリー」を思い浮かべる人も多いと思います。

ブルーベリーもまた強い抗酸化作用があり、活性酸素を抑えたり消去する働きが、ブルーベリーのアントシアニン色素にあるからなのです。

ルテインは、私たちの「体内器官」や「皮膚」にもあります。

そのなかでも「目の水晶体」と「黄斑部」にあることで、目に大きな効果をもたらす大切な働きをしているのです。

水晶体は目の中でもレンズの役割を果たします。

また、黄斑部は外からの光が、水晶体を通過し映像を結ぶ、目の中で最も光が集まる重要な場所なのです。

このようにルテインは目を守る大切な働きをしますが、加齢とともにルテイン量は減少します。

しかし、それ自体を自分で合成できないため、加齢とともにルテイン量が減って「白内障」などの症状が多くなるのです。

ルテインは体内で作り出すことができません。

しかし、食事でルテインを摂取しようとすると「ほうれん草」を毎日200g摂る必要があります。

さすがにこれは難しいので「青汁」や「サプリメント」などを活用し継続的に摂取する必要があります。

ルテインの効果と効能は?

ルテインには次のような効果・効能が期待できます。

  1. 黄斑変性症の予防
  2. 白内障の予防と改善
  3. 美肌効果

加齢黄斑変性症の予防

ルテインが、黄斑変性症に効果があることは多くの研究で実証されています。

それは、黄色いルテイン色素が、黄斑変性症改善に役立つ効果があるといわれ、ルテイン(ゼアキサンチンも摂取)を摂取することで、黄斑変性症の予防につながるというデータがあります。

また、アメリカでは眼科医の84%がルテインを患者に勧めているのです。

白内障の予防と改善

白内障は、水晶体のたんぱく質が白くにごり見えにくくなるなど、いわば汚れたレンズで写真を撮った状況に似ています。

しかし、加齢とともに生じる水晶体の「にごり」は特別なことではなく、誰でも程度の違いはあるものの起こっているのです。

この状況が悪化すると「失明」につながります。

現に、失明の原因で最も多いのが「白内障」なのです。

ルテインが白内障予防につながるのは、目に入る有害な光を吸収する働きがあるためです。

このルテインを継続的に摂ることで、白内障になる確立も小さくなるのです。

美肌効果

ルテインの効果と効能は?

ルテインは、目に効果があるだけではありません。

最初にもお伝えしましたが、ルテインは私たちの「皮膚の中」にも存在しています。

このルテインは、強い紫外線などの有害光線から皮膚を保護する作用がありますが、肌を守ることで徐々に「減少」していくのです。

そのため、ルテインを継続に摂取することは美肌につながる効果があるといえます。

イタリアのナポリ大学皮膚科学のモルガンティ教授の研究グループは、臨床試験によりルテインを摂取および肌に直接塗布した場合、水分量や弾力などルテインによる多くの美肌効果があると確認されています。

ルテインの副作用

ルテインに関しては、通常の食事などでは副作用はないと言ってよいでしょう。

しかし、化学合成されたルテインは、はきけや胸焼け、場合によっては発がん性の可能性があるといわれています。

しかし、青汁などに使われる「天然ルテイン」では副作用の心配はないので安心して飲むことができます

ルテインの効果・効能・副作用のまとめと…効果的な摂取方法

ルテインには「目」をはじめ「肌」にも効果があることがお分かりいただけたでしょうか?

では、どのようにしたらルテインを摂取することができるのか?また、どの位の量を摂取すればよいのかを、最後にお伝えしたいと思います。

ルテインの1日あたりの摂取量は?

ルテインの摂取量目安は、1日あたり6mg~10mgといわれていますが、吸収時の損失を考えると10mg~20mgのルテイン摂取が理想といえます。

ルテインを摂取する方法

ルテインを摂取する方法

ルテインはにんじん、ブロッコリー、かぼちゃなどの「緑黄色野菜」や「卵黄」などに多く含まれています。

その中でも、圧倒的にルテインが豊富なのが「ケール」です。

ルテインの多いといわれる「ほうれん草」には、100gあたり約10mgのルテインが含まれています。

つまり、理想とする20mgのルテインをとるためには、毎日200gのほうれん草を食べる必要があります。

正直、200gのほうれん草を毎日食べるのは、かなりキツイです。

それに対し、ケールには100mgあたり約22gのルテインが含まれているため、ケールを100g食べることで目標摂取量をクリアすることができます。

しかし、ケールは一般的に店頭にはならばないため、ケールを原料とした青汁をおすすめします。

ケール原料の青汁であれば「1日1杯で十分補うことが可能」なのです。

加齢とともに減少するルテインは、私たちの目や肌にとり大切な色素です。

自らで作り出すことができない「ルテイン」を、青汁(ケール原料の青汁)で補うことで加齢による病気や老化予防につながるのです。

みんなが選んだおすすめ青汁

すっきりフルーツ青汁

すっきりフルーツ青汁

なんといっても美味しいフルーツ青汁! 

美容とダイエットに特化した成分がいっぱい! なんと81種類の美容やダイエットに有効な成分配合した「すっきりフルーツ青汁」は、酵素と乳酸菌の力でダイエットを実感できる青汁です。

また、 短期集中ダイエットプログラムを簡単にはじめることができます。 ファスティングダイエットが始めての人も、簡単に始められるのは嬉しいですね。

数あるフルーツ青汁の中でも、ちょうどいい甘さで美味しいのが特徴。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>

バナー原稿imp

抹茶配合でとにかく飲みやすい青汁!

ヘルスマネージ大麦若葉青汁 難消化性デキストリンのこだわりは、 糖の吸収をおだやかにする効果がある「特定保健用食品」でありながら、栄養豊富・農薬不使用の「有機大麦若葉」をベースに使用しているなど、原材料にもしっかりこだわる「信頼できる青汁」です。

豊富な食物繊維ランキング1位の実力で、食物繊維量が数ある青汁の中でも群を抜いて多く含まれているのも大きな特徴です。

「抹茶配合」で、美味しく、飲みやすく、便秘などのスッキリ系には最適!

マイケア ふるさと青汁

ふるさと青汁

メタボ対策にも嬉しい成分がいっぱい!

クセのある明日葉を飲みやすくした「ふるさと青汁」は女性に人気!

明日葉の豊富な栄養素をしっかり取れる明日葉はかなり「クセ」がありますが、この「ふるさと青汁」は飲みやすい明日葉青汁に仕上げています(※甘みはありません)

女性に支持される最大の特徴は「ふるさと青汁」に含まれる明日葉の成分「カルコン」で、朝のスッキリ対策だけでなく、メタボに対策にもおすすめできます。

返金保証付きなので安心です! 

-素材と栄養
-

Copyright© 青汁の達人 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.