青汁の効果

ドロドロの原因はこれだった!すぐできる5つの血流サラサラ対策

投稿日:

食生活が変わればカラダが変わる!

私たちの体にとって、1番重要な役割を血液が担っているため、もし血流になんらかのトラブルや異常があった場合は、体に悪影響を及ぼすと可能性が高いということです。

ここでは、健康でいるために1番大切な「血流」についてお伝えしたいと思います。

もちろん、青汁とサラサラの関係もしっかりお伝えします。

食生活や運動不足に注意しましょう!

血液の流れが悪いことが原因で肥満になる可能性が高くなります。

食生活が偏っていたり、運動不足などが原因で血流が悪くなると、肥満になる可能性があり十分注意しなければいけません。

さらに、肥満は様々な生活習慣病の原因となることも十分考えられます。

偏った食事や、運動不足などで血液中の脂肪分が増え「脂質異常症」の可能性も高まります。

血液中に余分な脂質が多くなることで、重大な病気を起こしやすくなります。

重大な病気のリスクが健康体の人と比べると3倍になり、「脂質異常症」や「喫煙者」では16倍になると言われています。

ドロドロの原因はこれだった!

ドロドロの原因はこれだった!

ドロドロの状態が長く続くと、命に関わる危険な病気を引き起こす可能性があることがわかっていただけたでしょうか?

では、重大な病気の原因となるドロドロ状態は一体何が原因なのでしょうか?

  1. 食生活(コレステロール過剰摂取)
  2. 肥満
  3. 運動不足・体力低下
  4. 過度のストレス
  5. 飲酒・喫煙
  6. 水分不足

もう少し、詳しく見てみましょう。

1.食生活(コレステロール過剰摂取)

食生活は、ドロドロな状態に1番大きな影響を与えます。

特にコレステロールの過剰摂取は、血液中の脂肪分が増え悪玉コレステロールが増加します。

2.肥満

肥満状態が続くと血流が悪くなるのは当然ですが、それ以前に血流が悪いことが肥満の原因ともなります。

3.運動不足・体力低下

運動不足の人より、定期的に運動をしている人の血液は一般的にサラサラしているといえます。

運動をすることで、血液中の酸素や栄養素が運ばれやすくなり「機能改善」につながります。

また、運動をすることで「肥満」などに効果的な基礎代謝を上げることもできます。

4.過度のストレス

過度のストレスを受けたり感じると「アドレナリン」や「ノルアドレナリン」などのホルモンが、心臓や血管を収縮させるため危険です。

また、「ステロイドホルモンの分泌量」も増えるため、血中のコレステロール値や中性脂肪、血糖値をあげる原因となります。

さらに、ストレスを受ける状態というのは「過度の緊張状態」でもあるのです。

この緊張状態は筋肉を硬直させ、本来消費される脂肪分や等分などが血中に残ったままの状態になり、ドロドロの原因となります。

5.・喫煙・過度な飲酒

タバコのリスクは、細かくお話しする必要なないと思いますが、これまでお伝えしたサラサラの生活習慣を実施していても「タバコ」を吸う事で血液は一気にドロドロ状態になります。

飲酒に関しては適量は体によい場合もあります。

しかし、過度の飲酒は体内の水分が減りドロドロになる場合があります。

飲酒後は、水などの水分をしっかり補給することが大切です。

6.水分不足

次の項でもお伝えしますが、サラサラになるために「水」はとても大切です。

1日の水分量をしっかり補給するように心がけましょう。

あなたもできる!5つの簡単サラサラ対策!

あなたもできるサラサラ対策!

サラサラにするためには、日常生活でできることもいろいろあります。

ドロドロの原因でもお伝えしましたが、血流が悪い状態になった理由には、仕事や家事などが忙しく、サラサラにするための時間をとることが難しい場合がほとんどです。

そこで、毎日少しづつでも実践できる「サラサラ対策」を紹介します。

  1. 水分をしっかり摂る
  2. 食生活を見直す
  3. 血流をよくする
  4. 適度な運動を心がける
  5. 青汁やサプリメントを使用する

では、詳しく見てみましょう。

1.水分をしっかり摂る

まず、1日の水分量を見てみましょう。

「1日の必用水分量は体重の4%」と言われています。

4%というと少なく感じますが、70キロの男性の場合では2.8リットル40キロの女性でも1.6リットル必用です。

もちろん食事にも水分は含まれているので「飲料水」の量はこれよりも少なくて大丈夫です。

特に気をつけなければいけないのは「タバコ」を吸う喫煙者の人です。

コーヒーは飲みますが「水を飲む」量が圧倒的に少ないので、タバコによる血流の悪化と同時にドロドロで追い討ちをかけている場合が多いと言えます。

また、寝起きの水分補給はとても大切です。

寝ている間に多くの水分がカラダから奪われています。

夏場はもちろんですが、意外に冬場でも多くの水分が奪われているので、寝起きには必ず水分補給をしましょう。

2.食生活を見直す

食生活を見直してみましょう。

  • バランスのよい栄養を摂っていますか?
  • いつも満腹状態でいませんか?

1人暮らしの方や単身赴任の方だけでなく、共働きの家庭や外食の多い家庭など、バランスのよい食事を毎日取り続けることは簡単なことではありませんね。

例えば、サラサラに効果のある食べ物は「青魚・たまねぎ・わかめ・納豆・食物繊維・オメガ3……」と言われても実際はほとんどの人がバランスよく食べることはできません。

しかし、何も気をつけない食生活よりも「カラダに配慮した」食事に注意するだけで、血流はもちろん体調も変わってきます

とは言っても、バランスのよい食事は大変…という時に便利なのが青汁です。

ちなみに、30品目の食材が入っているのは、この青汁だけです。

バランス30選【飲みごたえ野菜青汁】

3.血流をよくする

サラサラの状態とは、血液がスムーズに血管内を流れる状態をいいます。

血管内の流れをよくすることで、ドロドロを改善することもできます。

1番簡単な方法としては「入浴」です。

入浴は体温を上昇し血行をよくするため、これまで血流が悪くスムーズに血液が、流れてなかった体の細部にまで酸素や栄養を運びます。

また、入浴することで「ストレス」の解消や肩こりなどの「血行障害」も改善します。

4.適度な運動を心がける

運動することで、サラサラな状態を作り出すことも可能です。

運動では年齢とともに衰える「毛細血管」を発達させますし、有酸素運動により血管を拡張させたり、ドロドロの原因「血小板の凝縮」を抑える効果もあります。

また、運動により足の筋肉を発達させるのは非常に効果が高いと言えます。

足は第2の心臓」とも言われるように人間の筋肉量の3分の2が下半身に集まっています。

これらの筋肉は「足」を動かすことで心臓のポンプの役割を果たすのです。

5.青汁やサプリメントを使用する

ほかにもサラサラにする方法は色々ありますが、やはり基本は食生活と言えるでしょう。

しかしながら、食生活を改善することは簡単ではありません。

まず、自分にどの栄養素が足りないかを知ることが大切です。

もし「肉食系」の人なら、1日の野菜摂取量をしっかり取れているか確認してみましょう。

1日に必要な野菜の摂取量は350gです。

それだけではありません、野菜以外にも主食・副菜・主菜・乳製品・果物などバランスよく栄養を摂る必要があります。

このような、バランスよい食事を家庭で摂ることが理想ではありますが、現実はなかなか難しく、どうしても栄養が偏ってしまいがちです。

そんな時はサプリメントや青汁などで不足した栄養素を補うことができます。

特に野菜は外食や食の欧米化などで摂取量が低い傾向にありますので、1日の野菜摂取量「350g」の足りない分を青汁で補うことをおすすめします。

青汁で血流はよくなるの?

青汁には様々な野菜が使われています。

その中にはサラサラにする成分がたっぷり入った青汁もあるので、ドロドロの改善にはとても有効です。

また、食生活の改善という意味では大きな効果を得ることができます。

サラサラのためには、成分をしっかり見極めた青汁選びが必要となりますので、次の項で血流を良くするとされる青汁成分を見てみましょう。

血流改善!サラサラにする青汁成分

ニッポンのアオジル
血流を改善しサラサラにする主な青汁成分は次のようになります。

  • 食物繊維
  • βカロテン
  • ポリフェノール
  • ルチン
  • クロロゲン
  • ビタミンB群
  • 鉄分

では、詳しく見てみます。

1.食物繊維

食物繊維には、水溶性食物繊維不溶性食物繊維に分けられます。

サラサラに効果的なのは水溶性食物繊維で、昆布やサトイモなどに含まれるアルギン酸が、血中コレステロール濃度を下げる作用や、血圧を下げる作用があります。

また、不溶性食物繊維には、腸内の悪玉コレステロールの排出効果もあり、腸から吸収されるコレステロールの抑制効果もあります。

2.βカロテン

βカロテンは、血管の内側に付着する「悪玉コレステロールの酸化を防ぐ働き」があります。

病気の原因の90%を占めるといわれる「活性酸素」は酸化したコレステロールや中性脂肪が血管を狭くするのです。

3.ポリフェノール

ポリフェノールは、その高い抗酸化力でサラサラにします。

ポ活性酸素により酸化した血中コレステロールや、中性脂肪を抑制する働きがあるといわれています。

4.ルチン

ルチンも高い抗酸化作用をもつ、ポリフェノールの仲間です。

ルチンの効能としては、血糖値の改善や予防に効果があるといわれています。

5.クロロゲン

同じく、ポリフェノールの仲間のクロロゲンも高い抗酸化作用があります。

脂肪肝の予防のほか、糖尿病や肥満の予防にも効果的です。

6.ビタミンB群

ビタミンB群とは、ビタミンB1・B2・B6・B12、ナイアシン、ビタミン、葉酸などのの総称で、体内エネルギー供給や老廃物の排出や、デトックスなどエネルギー代謝の働きをします。

また、ビタミンB12は「葉酸」と協力し、血液中にある赤血球をつくる働きや、酸素を運ぶヘモグロビンの合成を助ける効果があります。

ビタミンB12が不足すると、赤血球は本来の役割を果たすことができず「貧血」になるため、ビタミンB12を摂取することで貧血予防につながります。

ビタミンB群は、エネルギーをつくるのに重要な栄養素のため、不足すると様々な症状が現れます。

たとえば、疲れやすい、疲れがとれない、集中力がない、イライラ、口内炎、口角炎などがある場合は、ビタミンB群不足の可能性が考えられます。

7.鉄分

鉄欠乏性貧血という言葉をご存知でしょうか?

赤血球に含まれるヘモグロビンの量が減少している状態です。

特に、女性の70%はこの「鉄欠乏性貧血」ともいわれています。

鉄分の不足原因としては、過度なダイエット、妊娠、月経や痔などの失血時が原因となります。

しかし、鉄の必要量は1日あたり12mgです。

この量は、バランスの行き届いた食事で「総カロリーが2000kcal」の場合でまかなうことができます。

したがって、外食や朝食などを1食抜いた場合などは、鉄不足になる可能性が高いといえます。

血流を改善するる青汁野菜

サラサラにするためには、どの青汁でもいいというわけではありません。

では、血流を良くするために必要な栄養素は、青汁原料ではどのような野菜なのか見ていきましょう。

大麦若葉

大麦若葉

まずは、食物繊維の多い「大麦若葉」です。

大麦若葉は食物繊維のほか、鉄分やたんぱく質、ビタミンB群なども豊富に含まれています。

大麦若葉は、青汁原料としても多くの商品に使われています。

毎日の食生活で不足した「サラサラ成分」の補給にはピッタリの野菜といえるでしょう。

長命草

長命草

沖縄の伝統料理にも使用される「長命草」には、ルチンやクロロゲン酸などのポリフェノールがたっぷり含まれています。

高い抗酸化作用は血流改善だけでなく、活性酸素除去の効果もあります。

青汁原料としても多く使用されています。

他の野菜でもサラサラ成分は含まれていますが、サラサラ成分を多く含んだ野菜としては「大麦若葉」「長命草」を原料とした青汁が効果的といえるでしょう。

青汁で血流改善!血流が変われば体が変わる!キレイになる!まとめ

いかがでしたか?

私たちの体にとって、血流はとても重要な役割を果たしているのがおわかりいただけたでしょうか?

ドロドロの状態はさまざまな病気の原因となり、ときには命の危険につながることもあります。

サラサラに改善するために必要な項目を見ると、「生活習慣」という言葉でくくることができます。

青汁のよいところは「豊富な栄養素を簡単に摂取できること」です。

毎日の食生活で不足した栄養素を「青汁」で補い、キレイで健康的なカラダを取り戻してみてはいかがでしょうか?

この記事で紹介した青汁
バランス30選【飲みごたえ野菜青汁】

みんなが選んだおすすめ青汁

すっきりフルーツ青汁

すっきりフルーツ青汁

なんといっても美味しいフルーツ青汁! 

美容とダイエットに特化した成分がいっぱい! なんと81種類の美容やダイエットに有効な成分配合した「すっきりフルーツ青汁」は、酵素と乳酸菌の力でダイエットを実感できる青汁です。

また、 短期集中ダイエットプログラムを簡単にはじめることができます。 ファスティングダイエットが始めての人も、簡単に始められるのは嬉しいですね。

数あるフルーツ青汁の中でも、ちょうどいい甘さで美味しいのが特徴。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>

バナー原稿imp

抹茶配合でとにかく飲みやすい青汁!

ヘルスマネージ大麦若葉青汁 難消化性デキストリンのこだわりは、 糖の吸収をおだやかにする効果がある「特定保健用食品」でありながら、栄養豊富・農薬不使用の「有機大麦若葉」をベースに使用しているなど、原材料にもしっかりこだわる「信頼できる青汁」です。

豊富な食物繊維ランキング1位の実力で、食物繊維量が数ある青汁の中でも群を抜いて多く含まれているのも大きな特徴です。

「抹茶配合」で、美味しく、飲みやすく、便秘などのスッキリ系には最適!

マイケア ふるさと青汁

ふるさと青汁

メタボ対策にも嬉しい成分がいっぱい!

クセのある明日葉を飲みやすくした「ふるさと青汁」は女性に人気!

明日葉の豊富な栄養素をしっかり取れる明日葉はかなり「クセ」がありますが、この「ふるさと青汁」は飲みやすい明日葉青汁に仕上げています(※甘みはありません)

女性に支持される最大の特徴は「ふるさと青汁」に含まれる明日葉の成分「カルコン」で、朝のスッキリ対策だけでなく、メタボに対策にもおすすめできます。

返金保証付きなので安心です! 

-青汁の効果
-

Copyright© 青汁の達人 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.