青汁の効果

青汁が冷え性を改善する! 「青汁が体を冷やす」の噂を検証!

投稿日:

冷え性で悩んでいる女性は70%超え?

冷え性で悩んでいる方も多いと思いますが、それも当然!実に女性の50%~70%は「冷え性」で悩んでいるそうです。

女性だけでなく、冷え性の男性も増えているのです。

また、青汁は体を冷やすという「噂」もありその真偽を徹底解明します。

冷え性の原因と対策や、青汁での冷え性改善方法などをわかりやすくお伝えします。

冷え性とは?

私、冷え性なの…という方も実は「低体温症」という場合もあります。

一般的に冷え性とは「普通の人が寒いと感じない気温でも、体のあちこちが冷えて辛い症状がある場合」です。

それに対し低体温は、体温が36度未満の人を指します。

青汁は、この「冷え性」の改善効果が期待できますので是非参考にしてください。

もし、あなたが次のような項目に該当するなら、冷え性の可能性が大きいと言えます。

  1. 外気温が高い「夏」でも手足が冷えている
  2. 布団には言っても手足の寒さで眠れない
  3. 入浴後にもすぐに冷えてしまう
  4. 冷えた体を温めようとしてもなかなか温まらない

このような症状がある場合は「冷え性」の可能性が高いと言えます。

また、自覚症状はなく、自分では気がつかない「隠れ冷え性」の場合もあるので注意が必要です。

実はこの「冷え性」には、さまざまな症状を引き起こす可能性も秘めています。

冷え性が引き起こす可能性のある症状として、むくみ、肩こり、頭痛、腹痛、便秘、慢性疲労、集中力低下、うつ症状、アレルギー、不眠、生理不順、抵抗力の低下…など、ほかにもさまざまな症状を引き起こす可能性があります。

では、このような冷え性の原因は一体何なのか見ていきましょう。

冷え性の原因

「冷え性は体質だから仕方ない」そう思われている方も多いかもしれませんが、実はこの冷え性は、日々の生活習慣により起こっている場合が多くあります

その生活習慣とは、食事のバランス・食事のリズムなどの食生活や、薄着などの衣生活、エアコンの効きすぎた室内環境などの住生活などで、これら原因となる要素が蓄積することで、血行不良などを引き起こすことになります。

冷え性の原因1.食事による冷え性

食事による冷え性

 

毎日の食事が原因で冷え性になっている可能性があります。

例えば、夏場につめたい飲み物を摂りすぎることが冷え性の原因となる場合もあります。

冷たいものを摂りすぎると代謝が悪くなり、体内の胃や腸では、体温を守ろうとして大きなエネルギーを消費します。

この体温を維持するための熱消費が、体温低下につながるのです。

また、食生活のリズムも冷え性に大きく関わりがあります。

体内リズムという言葉を聞いたことはあるでしょうか?

私たちの体は、朝食で夜間に冷え切った体温を上昇させ、一日をエネルギッシュに行動するための代謝をあげ、夕方をピークとして夜間に向けては次第に体温を下げるリズムがあるのです。

しかし、体内リズムが狂いだすと代謝コントロールが効かなくなり、代謝が活発な昼間でも体温が低い状態となります。

その後夜間に向けますます体温は低下していきます。

冷え性の原因2.薄着などによる冷え性

薄着などによる冷え性

食生活を正しくすることは、冷え性対策として一番有効ですが、薄着などが原因の冷え性もあります。

特に、暑い夏などは靴下を履きたくないですよね。

しかし、エアコンの効いた室内で長袖は着ていても、靴下を履かないでいると一気に体温低下につながります。

足は冷え性対策にとても重要で、カラダを暖かくするためには、まず「足」から温めるとよいでしょう。

冷え性の原因2.室内環境よる冷え性

室内環境よる冷え性

先程の薄着にも関連しますが、夏場のエアコンには要注意です。

とくに、オフィスなどの職場では自由な温度調節も難しく、手足が寒く感じる温度設定の場合も多くありますよね。

快適な温度とは、外気温との温度差が7度以内といわれています。

最近では、30度をはるかに超える気温時もありますが、できれば5度以内に設定し、クールビズなどの薄着に一枚羽織ったり、足元をしっかり温めてあげるなどの対策が必要です。

自宅では、適切な温度調節も大切ですが、エアコン機能の「除湿」を使うのも有効です。

寝苦しい夜でもエアコンを弱めに設定し、扇風機などを一緒に使うと、効率よく快適な冷房効果を得ることができます。

青汁は体を冷やすの噂を検証!

食生活で重要な「野菜」は青汁の主原料です。

そもそも、野菜にはカラダを温める野菜と、夏野菜などのカラダを冷やす野菜があります。

では、青汁で使われている野菜はカラダを「温める」のか「冷やす」のかということになりますが、食べ物には「陽性」と「陰性」があり、陽性の食べ物はカラダを温め、陰性は冷やす作用があります。

詳しくは「青汁に副作用があるの? 子供も安心のたった1つのポイント」でもお伝えしていますので参考にどうぞ。

青汁野菜では、比較的「カラダを冷やす」野菜が多く使われています。

「えー!じゃあ冷え性には逆効果なの!」…と思われるかもしれませんが、実は違います。

青汁で冷え性が改善できる理由

青汁で冷え性が改善できる理由

青汁はカラダを冷やす野菜が多いので、冷え性には逆効果というのはちょっと違います。

本来の効果や効能を考えると、「食生活の改善」ですよね。

青汁に含まれる豊富な栄養素は、血行の促進や消化促進、代謝アップなどさまざまな体質改善の効果が期待できます。

つまり、豊富な栄養素に含まれる成分が、冷え性の体質を徐々に改善する効果が期待できるのです。

もちろん、暖かいスープを飲んだときのように「すぐに温まる」ということはありません。

このすぐに温める一時的な方法よりも「もとから改善する」のが結果的には良いのです。

青汁は素材と原料で選ぶ! 青汁でよく使う野菜の特徴と栄養」で、主な原料それぞれの栄養素について詳しくお伝えしています。

青汁で冷え性を改善する方法

青汁で冷え性を改善するのは「体質改善」が大きな理由ですが、その飲み方にもちょっとしたコツがあります。

体内リズムにしたがって、できるだけ「朝食」で摂取するようにしましょう。

青汁を加えた朝食をしっかり摂ることで「一日のエネルギー代謝」が活発になります。

夜に飲むという方もいますが、基本は「朝」がよいでしょう。

冷え性改善のための青汁の原料・素材については、あまり深く考える必要はなく、自分に不足している栄養素を青汁で補うことが大切です。

また、最近の青汁はキンキンに冷やさなくても美味しく飲めるので、できれば、常温の水に溶かして飲むのがカラダには優しい飲み方といえるでしょう。

また、ホットで飲むのも有効です。

詳しくは「青汁を温めると栄養は壊れるはウソ! ホットでおいしく飲む方法」でもお伝えしています。

さらに、青汁で食生活の不足分をしっかり補いながら、毎日の食事では「陽性」の食べ物をしっかり摂ることが大切です。

いかがですか?

冷え性は、衣食住の改善で克服することができます。

その中でも、衣食住の「食」すなわち「食生活」が冷え性に与える影響は多いといえます。

青汁を利用した食生活改善で、冷え性に負けないカラダを作ってみてはいかがでしょうか。

みんなが選んだおすすめ青汁

すっきりフルーツ青汁

すっきりフルーツ青汁

なんといっても美味しいフルーツ青汁! 

美容とダイエットに特化した成分がいっぱい! なんと81種類の美容やダイエットに有効な成分配合した「すっきりフルーツ青汁」は、酵素と乳酸菌の力でダイエットを実感できる青汁です。

また、 短期集中ダイエットプログラムを簡単にはじめることができます。 ファスティングダイエットが始めての人も、簡単に始められるのは嬉しいですね。

数あるフルーツ青汁の中でも、ちょうどいい甘さで美味しいのが特徴。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>

バナー原稿imp

抹茶配合でとにかく飲みやすい青汁!

ヘルスマネージ大麦若葉青汁 難消化性デキストリンのこだわりは、 糖の吸収をおだやかにする効果がある「特定保健用食品」でありながら、栄養豊富・農薬不使用の「有機大麦若葉」をベースに使用しているなど、原材料にもしっかりこだわる「信頼できる青汁」です。

豊富な食物繊維ランキング1位の実力で、食物繊維量が数ある青汁の中でも群を抜いて多く含まれているのも大きな特徴です。

「抹茶配合」で、美味しく、飲みやすく、便秘などのスッキリ系には最適!

マイケア ふるさと青汁

ふるさと青汁

メタボ対策にも嬉しい成分がいっぱい!

クセのある明日葉を飲みやすくした「ふるさと青汁」は女性に人気!

明日葉の豊富な栄養素をしっかり取れる明日葉はかなり「クセ」がありますが、この「ふるさと青汁」は飲みやすい明日葉青汁に仕上げています(※甘みはありません)

女性に支持される最大の特徴は「ふるさと青汁」に含まれる明日葉の成分「カルコン」で、朝のスッキリ対策だけでなく、メタボに対策にもおすすめできます。

返金保証付きなので安心です! 

-青汁の効果

Copyright© 青汁の達人 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.