青汁の効果

青汁に副作用があるの?青汁が原因で起こる副作用のたった1つのポイント

投稿日:

青汁には本当に副作用があるのだろうか?

青汁に「副作用」の心配はありますか? という質問をよくいただきます。

副作用といっても、飲む人の状態や体質によって内容は異なりますし、青汁の飲み方を誤っている場合も考えられます。

例えば「水」だって飲みすぎることで血液中のナトリウムイオン濃度が低下し、頭痛、はきけ、むくみ、けいれん、などの症状が現れ、最悪は「死」に至ります。

いわゆる「水中毒」です。

これと同じく、青汁でも過剰摂取など、飲み方を間違えると大変危険な場合もあります。

青汁を飲んではいけない人って? 栄養成分からみた副作用

次のような方は、青汁を摂取する場合は注意が必要です。

ワーファリン(ワルファリン)を服用中の方

ワーファリンは、血栓塞栓症の治療及や予防に使用する抗凝固剤です。

青汁や、納豆、クロレラなど「ビタミンK」を多く含む食品を摂ると、ワーファリンの効果を得られません。

 注意! ワーファリン服用の場合は必ず医師と相談し青汁を摂取してください。

過剰摂取は禁物! 副作用の心配がある栄養素と青汁原料って?

鉄分の過剰摂取による副作用

鉄分は、体にとって欠かせない重要な働きをします。

鉄分は「ヘモグロビン」という形で、赤血球の核となり、体の組織に酸素を運ぶ重要な働きをしています。

鉄分が多く含まれる原料としては「ケール」が代表ですが、鉄分を過剰摂取すると、はきけ、嘔吐、下痢、腸損傷などの胃腸障害が起こることがあります。

また、皮膚の色素沈着や臓器ダメージ、肝硬変、糖尿病のほか、血管が切れやすくなるという副作用があります。

ビタミンKの過剰摂取による副作用

ビタミンKは、ケールなどの緑黄色野菜や海藻、緑茶などに多く含まれますが、不足すると鼻血や胃腸からの出血、血尿、月経過多のほか、出欠が止まらなくなったり、歯茎から出血しやすくなることがあります。

また、骨粗しょう症になる恐れもあります。

青汁に含まれるビタミンKは、過剰摂取しても特に問題はありませんが、前項でお伝えした「ワーファリン」を服用している方は注意が必要です。

βカロテンの過剰摂取による副作用

βカロテンは人参、かぼちゃ、ブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれます。

青汁でもβカロチンを多く含んだ商品もあり、βカロテンから作られるビタミンAには、視力低下の抑制や美肌効果、子供の成長促進など多くの効果があります。

βカロテンを多く含む原料は「明日葉」ですが、βカロテンの過剰摂取では特に有害な副作用はありません。

起こる可能性があるのは「柑皮症(かんぴしょう)」という肌が黄色くなる症状ですが、よほど摂り過ぎない限りは心配はないでしょう。

青汁に含まれるβカロテンは、ビタミンAに変わる前の段階の「プロビタミンA」と呼ばれる物質で、体が必要な量をビタミンAとして変化させるため、飲みすぎによる過剰摂取は「基本的にない」と考えていいでしょう。

食物繊維の過剰摂取による副作用

大麦若葉やケール、明日葉などに多く含まれる成分の「食物繊維」は、腸内の老廃物や不要な物質を体外へ排出するほか、コレステロール値の低下や、糖尿病予防、高血圧予防、肥満予防などの様々な効果があります。

しかし、食物繊維を過剰に摂りすぎると「下痢」などを引きおこし、大切なミネラル分までも排出してしまいます。

日常生活で「適量」飲む分にはほとんど問題ありませんが、ダイエットなどでエネルギーの摂取を控えている場合は注意が必要でしょう。

青汁で副作用がおきやすい体質ってあるの? 答えは陰性と陽性の関係に!

青汁で副作用がおきやすい体質ってあるの? 答えは陰性と陽性の関係に!

引用:マクロビオティック日本CI協会  http://www.ci-kyokai.jp/

栄養成分からみた副作用のほかに、食べ物の持つ性格が副作用として取り上げられることがあります。

それは、食べ物の持つ「陰性」と「陽性」の関係です。

東洋医学やマクロビオティックでは、食べ物は、体を温める働きのある「陽性」と体を冷やす「陰性」とに分かれるといわれています。

代表的な野菜でいうと陽性野菜は「にんじん」で陰性野菜は「なす」です。

色でみても、暖かそうなオレンジと冷たそうな紫ですよね。

それと同じく体質も陽性と陰性にわけることができます。

一般的に陽性の人の特徴として「高血圧」や「汗かき」などで、陰性体質の人は「ダルさがある」「低血圧」や「冷え性」などの特徴があります。

青汁は基本的に陰性といわれています。(最近では陰性と陽性の両方をバランスよく配合したものもあります)

そのため、陰性体質の人が飲むことで逆に悪化するというものです。

そもそも、陰性体質になったのは「食生活」や「生活習慣」の乱れなどが原因で起こったと考えられ、青汁を毎日の食生活に取り入れることで、健康的な状態(中庸)に体質を改善することができると考えます。

アレルギー体質の場合は注意が必要です。

服用にあたっては、アレルギー物質が含まれていないかをよく確認し、医師などに相談してから摂取することをおすすめします。

青汁に副作用があるはウソ!? たった一つのポイントはこれだ!

青汁の副作用についてみてきましたが、青汁が原因で起こる副作用のたった1つのポイントはズバリ…

「過剰摂取によるもの」

が主な原因ということが、お分かりいただけたでしょうか?

青汁には、豊富な栄養素が含まれている分、過剰に摂ると体に逆効果となる場合もあるのです。

子供の場合は、なおさら適量を厳守する必要があります。(場合によってはごく少量から摂取し始めるほうが良いでしょう)

それぞれの成分や栄養素は、大きな副作用につながる心配はありません。(ワーファリン・アレルギーなど一部を除く)

また、食品添加物の多い青汁や、産地のわからないものも体に害となる可能性もあります。

信頼できる素材を使用した青汁を「適正量」飲むこと、バランスのよい食事を心がけることが、生活習慣病の予防や体質改善に大切なことといえるでしょう。

みんなが選んだおすすめ青汁

すっきりフルーツ青汁

すっきりフルーツ青汁

なんといっても美味しいフルーツ青汁! 

美容とダイエットに特化した成分がいっぱい! なんと81種類の美容やダイエットに有効な成分配合した「すっきりフルーツ青汁」は、酵素と乳酸菌の力でダイエットを実感できる青汁です。

また、 短期集中ダイエットプログラムを簡単にはじめることができます。 ファスティングダイエットが始めての人も、簡単に始められるのは嬉しいですね。

数あるフルーツ青汁の中でも、ちょうどいい甘さで美味しいのが特徴。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>

バナー原稿imp

抹茶配合でとにかく飲みやすい青汁!

ヘルスマネージ大麦若葉青汁 難消化性デキストリンのこだわりは、 糖の吸収をおだやかにする効果がある「特定保健用食品」でありながら、栄養豊富・農薬不使用の「有機大麦若葉」をベースに使用しているなど、原材料にもしっかりこだわる「信頼できる青汁」です。

豊富な食物繊維ランキング1位の実力で、食物繊維量が数ある青汁の中でも群を抜いて多く含まれているのも大きな特徴です。

「抹茶配合」で、美味しく、飲みやすく、便秘などのスッキリ系には最適!

マイケア ふるさと青汁

ふるさと青汁

メタボ対策にも嬉しい成分がいっぱい!

クセのある明日葉を飲みやすくした「ふるさと青汁」は女性に人気!

明日葉の豊富な栄養素をしっかり取れる明日葉はかなり「クセ」がありますが、この「ふるさと青汁」は飲みやすい明日葉青汁に仕上げています(※甘みはありません)

女性に支持される最大の特徴は「ふるさと青汁」に含まれる明日葉の成分「カルコン」で、朝のスッキリ対策だけでなく、メタボに対策にもおすすめできます。

返金保証付きなので安心です! 

-青汁の効果

Copyright© 青汁の達人 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.