青汁の効果 | 青汁で得られる24の効果と「効果なし」の原因

青汁の効果 青汁の効果

目次

  1. 青汁で得られる24の効果とは?
  2. 1・ダイエット効果
    1. 青汁ダイエットは効果なしの原因
  3. 2・コレステロール値の減少効果
    1. 青汁でコレステロール値の減少効果なしの原因
  4. 3・むくみ解消効果
    1. 青汁でむくみ解消効果なしの原因
  5. 4・美肌効果
    1. 青汁で美肌効果なしの原因
  6. 5・乾燥肌改善効果
    1. 青汁で乾燥肌改善の効果なしの原因
  7. 6・デトックス効果
    1. 青汁でデトックス効果なしの原因
  8. 7・アンチエイジング効果
    1. 青汁でアンチエイジング効果なしの原因
  9. 8・更年期障害体質改善効果
    1. 青汁で更年期障害の体質改善の効果なしの原因
  10. 9・ストレス体質改善効果
    1. 青汁でストレス体質改善効果なしの原因
  11. 10・便秘解消効果
    1. 青汁で便秘解消効果なしの原因
  12. 11・むくみ改善効果
    1. 青汁でむくみ改善効果なしの原因
  13. 12・口臭・体臭予防効果
    1. 青汁で体臭・口臭予防効果なしの原因
  14. 13・冷え性改善効果
    1. 青汁で冷え症改善効果なしの原因
  15. 14・ニキビ予防・対策効果
    1. 青汁でニキビ予防・対策の効果なしの原因
  16. 15・不眠症予防・改善効果
    1. 青汁で不眠症予防・改善効果なしの原因
  17. 16・貧血予防効果
    1. 青汁で貧血予防・効果なしの原因
  18. 17・血糖値上昇抑制効果
    1. 青汁で血糖値上昇抑制効果なしの原因
  19. 18・疲労回復効果
    1. 青汁で疲労回復効果なしの原因
  20. 19・アレルギー体質改善効果
    1. 青汁でアレルギー体質改善効果なしの場合
  21. 20・糖尿病改善効果
  22. 21・免疫力アップ効果
    1. 青汁で免疫力アップ効果なしの原因
  23. 22・風邪予防効果
    1. 青汁で風邪予防効果なしの原因
  24. 23・夏バテ予防効果
    1. 青汁で夏バテ予防効果なしの原因
  25. 24・新陳代謝アップ効果
    1. 青汁で新陳代謝アップ効果なしの原因
  26. 青汁の原料・素材別の効果と効能
    1. 大麦若葉青汁の効果
    2. ケール青汁の効果
    3. 明日葉青汁の効果
    4. 長命草青汁の効果
    5. クマザサ青汁の効果
    6. 桑の葉青汁の効果

青汁で得られる24の効果とは?

青汁を飲むことで得られる効果は、ネットやTVCMなどでよく耳にすることがあると思います。

でも、効果の信憑性が低かったり、実際に飲んでみても青汁の効果が現れないなんてことありませんか?

そもそも青汁は薬ではないので、様々な病気を治したり、飲んで急激に症状などが改善するということはありません。

しかし、青汁を飲むことで一定の効果があるのも事実なんです。

そこで、青汁を飲むことで得られるといわれている24の効果について、詳しく見ていきたいと思います。

1・ダイエット効果

青汁のダイエット効果

ダイエット専用の青汁もあるように、青汁のダイエット効果を期待して飲む人も多いと思います。

中には「青汁を飲むだけでたった2日で痩せた!」なんてキャッチフレーズで販売している青汁もありますよね。

そもそも青汁がダイエットに効果的というのは、いくつかの理由があります。

  • 青汁を飲むことで栄養バランスが整えられる効果
  • 摂取しにくい酵素の力によるダイエット効果
  • 乳酸菌が腸内環境を整える、毎日スッキリによる効果
  • 食事を低カロリー青汁に置き換えることによる、摂取カロリー減による効果

一般的に、ダイエットに適した青汁には、多くの酵素や栄養成分が配合されているため、結果的にダイエット成功につながります。

しかし、だからといって必ず「痩せる」わけではありません。

飲んでも全く体重変化が現れない人もいますし、逆に数日で数キロ体重が減る人もいます。

その違いは、これまでの生活習慣や、体質により個人差があるため、本当のところは「実際に飲んで試してみる」しかないのです。

青汁ダイエットのポイントとしては、

  • 1食を低カロリーの青汁に置き換えたり、青汁の満腹感により食事量を減らすこと
  • 朝食前と夕食前の2回飲むこと
  • まずは2週間程度しっかり飲み続けること

いずれにしても、青汁を飲みつづけることで「摂取カロリー」を減らしつつも、しっかりと青汁の豊富な栄養をとりいれることが重要です。

青汁ダイエットは効果なしの原因

青汁でダイエット効果が得られない最大の原因は「食生活」と「運動不足」にあります。

なんだ、青汁を飲んだだけじゃ痩せないじゃないか!

という声も聞こえてきそうですが、やはり食生活と運動不足は、青汁だけでカバーすることは難しいといえます。

例えば、1食を青汁に置き換えても、残りの2食が極端にカロリーオーバーな上、1日中座りっぱなしで痩せるのはちょっと難しいといえるでしょう。

青汁をきっかけに、食生活全体を見直し、適度な運動を取り入れることでダイエット効果も得やすい体へと変わっていきます。

まずは食生活から!

2・コレステロール値の減少効果

コレステロールには、善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあります。

善玉コレステロール(HDL)は、体内の細胞に溜まった古いコレステロールを吸収し、肝臓に送る働きがあります。

これに対し、悪玉コレステロール(LDL)は血流にのって体の各部へコレステロールを運びます。

そして、悪玉コレステロールが増えすぎると、血管の内側の壁にへばりついて様々な病気を引き起こすのです。

そのため、悪玉コレステロールを減らすことが大切となります。

悪玉コレステロールを減らすには「水溶性食物繊維」が効果的です。

水溶性食物繊維を豊富に含んだ青汁を摂取することで、コレステロール値を下げることが出来るのです。

また、血中コレステロールは、肝臓で胆汁酸へと変わり、小腸へ分泌された後に肝臓へ戻っていきます。

そして、この小腸へ分泌後、肝臓へ再吸収を抑える働きをするのが「キトサン」です。

キトサンは、血中コレステロールが通常より活発に使われるため「血中コレステロール値」を低下させるのです。

キトサンを含んだ青汁としては、コレステロールの吸収を抑える効果がある「特定保健用食品」の、 ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサンがあります。

本品は、コレステロールの吸収を抑え、血清コレステロール、特にLDL(悪玉)コレステロールを低下させる働きのあるキトサンを配合しておりますので、LDL(悪玉)コレステロールが気になる方の食生活の改善に役立ちます。

参照:ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン 商品情報

青汁でコレステロール値の減少効果なしの原因

こちらも動物性脂肪を多く含んだ「肉類」中心の食生活が主な原因です。

コレステロール値の高い場合は、動物性脂肪を控え、不飽和脂肪酸が豊富な食生活にする必要があります。

例えば、イワシ・サンマ、サバなどの青魚を多く食るのがよい方法です。

これらEPA・DHAを多く含んだ食事のほか、キトサンを含んだ青汁を効果的に取り入れると、LDL(悪玉)コレステロールを低下する効果を得ることができます。

3・むくみ解消効果

むくみと一言で言っても様々な原因がありますが、青汁によるむくみ解消効果は「塩分濃度」がカギとなります。

むくみの原因のひとつに、体内の不要な水分が溜まって発生するむくみがあります。

血中の塩分濃度があがると、体内では塩分に見合った水分をどんどん溜め込みます。

この塩分濃度を調節するためにとりこんだ水分が、パンパンに張った「むくみ」の正体というわけです。

青汁でこの「塩分過剰によるむくみ」を解消するのが「カリウム」の効果です。

カリウムと塩分(ナトリウム)は深い関係にあり、常に一定のバランスにあります。

しかし、塩分(ナトリウム)が過剰になり、カリウムが不足すると一定のバランスが崩れ、水分過多の「むくみ」が発生します。

つまり、青汁により「カリウム」を補うことにより、塩分(ナトリウム)とカリウムのバランスが保たれ、むくみ解消効果につながるのです。

青汁で「カリウム」を多く含んでいるのは、大麦若葉が原料の青汁です。

青汁でよく使用される原料の粉末、100gあたりのカリウム含有量は、大麦若葉が約2000mg、ケールが約400mg、桑の葉が約2500~3000mg、明日葉が約550mgとなります。

カリウムの含有量が多い原料は「大麦若葉」と「桑の葉」ということになります。

しかし、青汁の素材配合により、カリウム含有量は変わってくるので、栄養成分表示を確認して比較するのがいいでしょう。

青汁でむくみ解消効果なしの原因

むくみには塩分過多のほかに、長時間立ちっぱなしだったり、運動不測により血液の循環の悪化、肝臓・腎臓の病気など他の原因が考えられます。

青汁でむくみ解消効果が得られない場合は、危険な症状の可能性もあるので注意が必要です。

4・美肌効果

青汁の美肌効果

美肌に必要な要素はいろいろありますが、化粧品などを使ったケアと、毎日の食生活や睡眠・運動など生活習慣によるところが大きいといえます。

青汁で美肌効果を得ることができるのは、主に「食生活」の部分で、美肌作りには欠かせない、多くの栄養素をとることができるからです。

  • ビタミンCは、抗酸化作用によるシミやそばかす防止のほか、美肌に大切なコラーゲンの生成も行います。
  • ビタミンEは、抗酸化作用や血行促進などの効果があります。
  • ビタミンA(β-カロテン)は、肌トラブルを抱えた人には特に大切なビタミンです。乾燥肌を防ぎ、皮膚や粘膜をしっかり保護します。
  • ビタミンB群は、8種類のビタミンの総称で、ビタミンB1、B2、B6、B12の他に、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンを言います。その効果は肌の新陳代謝に大きく関わってきます。
  • カルシウムも美肌効果に欠かせない栄養素です。美肌の基本はしっかりした骨という土台を作ることが大切なのです。
  • 食物繊維は「腸内環境」を整えます。美肌のために腸内環境を整えることは極めて重要です。体内に不要なものをためこむと、免疫力の低下や肌コンディションを悪化させるだけでなく、ニキビや吹き出ものができやすくなるので注意が必要です。

青汁で美肌効果なしの原因

青汁を飲んだからすぐに、肌ツヤが良くなったり、シミやシワがきえることはありません。

個人差はありますが、一般的には青汁を定期的に飲み始めて1~2ヶ月で肌の変化に気がつくといわれています。

5・乾燥肌改善効果

青汁に乾燥肌の改善効果があるのは意外かも知れませんが、実は効果絶大です。

乾燥肌の主な原因はセラミドが失われていることによります。

セラミドは細胞間脂質とよばれ、肌の水分や潤いを保つ働きがあります。

このセラミドは体内で作り出す必要があるため、化粧品などでは根本的にはカバーすることができません。

セラミドの生成に大切なのはビタミンAです。

しかし、美肌作りに必要なビタミンAの量はかなり多く、日常での食生活では不足している人がほとんどです。

このビタミンAが青汁には豊富に含まれているため、感想肌の改善効果が期待できるのです。

むしろ、これまで化粧品や薬などを使っても感想肌が改善しない人は「青汁」の乾燥肌効果を実感できるかもしれません。

青汁で乾燥肌改善の効果なしの原因

青汁に含まれるビタミンAの含有量は製品によって大きく異なります。

もしあまり効果を感じない場合は、よりビタミンAを多く含んだ青汁に変えることで、乾燥肌が改善するかもしれません。

市販の青汁のなかで、ビタミンAを多く含んでいるのはお茶村の「神仙桑抹茶ゴールド」でしょう。

1包3gあたりで「ビタミンAを37.3μg」含んでいます。

6・デトックス効果

必要な栄養素を逃がさないように、体の中に溜まった老廃物や有害物質を除去することをデトックスといいます。

現代の生活では、気がつかないうちに多くの有害物質を、体にためこんでいる場合が多いので注意が必要です。

デトックスによる効果は、むくみやニキビ・吹き出もの予防のほか、便秘や体調不良など様々です。

青汁のデトックス効果はかなり有効で、デトックスに効果的な成分が多く含まれています。

  • カルコン
  • カリウム
  • 食物繊維

これらの栄養成分は老廃物の除去に有効で、特にカルコンは老廃物の排出を促すので有効です。

カルコンは「明日葉原料の青汁」に多く含まれています。

デトックスに効果的な青汁の栄養素はまだあります。

  • クロロフィル(葉緑素)
  • 亜鉛
  • ルテオリン
  • 酵素

などもデトックスに効果的といわれています。

デトックス効果については青汁で老廃物を排出!むくみやニキビも怖くない青汁デトックス法もご参照ください。

青汁でデトックス効果なしの原因

青汁でデトックス効果が得られないことはあまりありませんが、デトックスで有名な方法のひとつに「ファスティング」があります。

プチ断食をしながら体の内側をリセットする方法です。

このようなファスティングの際に青汁を使用して、デトックス効果を得るのもよい方法です。

デトックスは体の内側をきれいにするということ。

青汁のデトックス効果だけに頼らず、有害物質にさらされた生活習慣も見直して見ましょう。

7・アンチエイジング効果

アンチエイジングとは「抗老化」とか「抗加齢」といわれ、老化の進行を遅らせたり、少しだけ若返ることを言います。

アンチエイジングには外見(肌)の若返りのほか、体の内側の機能改善も含まれます。

そのため、毎日の食生活や快適な睡眠、適度な運動など、生活習慣も大きく関わってきます。

青汁は、抗酸化作用のあるビタミン類を多く摂取できるため、アンチエイジング効果があるといえます。

青汁に含まれているビタミンEは、アンチエイジングに欠かせない「若返りのビタミン」とも言われていますし、活性酸素を除去するビタミンCや、活性酸素の発生を抑え、活性酸素を除去する働きがあるビタミンAも多く含まれています。

また、良質な睡眠を得ることは若返りの第一歩とも言われています。

そのためにはメラトニンというホルモンが必要です。

別名「睡眠ホルモン」といわれるメラトニンは、明日葉やケール青汁に多く含まれているので、毎日しっかり補うことが大切と言えます。

青汁でアンチエイジング効果なしの原因

アンチエイジングと一言で言っても、その効果はいろいろありますが、基本的には「効果なし」ということはありません。

これまでアンチエイジングを意識していなかった人には効果がわかりやすいでしょう。

しかし、青汁を飲んでもアンチエイジング効果を感じない人は、他の食生活や生活習慣などを見直してみるのもよい方法といえます。

8・更年期障害体質改善効果

「更年期障害」になる年齢は閉経前の前後10年くらいで、閉経の時期により個人差はありますが、およそ45歳~55歳となります。

更年期障害とは、女性の体内の変化「女性ホルモンのエストロゲンの分泌」が関係しています。

更年期を迎えると女性ホルモン「エストロゲン」の分泌が減少し、体が急激な変化に対応できないことから、自律神経失調症や、精神的症状、身体的症状などの様々な症状を引き起こします。

  • 顔のほてり(ホットフラッシュ)
  • 顔ののぼせ
  • ストレス
  • 不眠・夜中に目が覚める
  • 胸の痛みや動悸、乳房の痛み
  • 脈拍数の上昇
  • 多汗症状
  • めまいやふらつき・耳鳴り
  • 体がだるい・疲れやすい
  • 肩こり
  • 肥満・やせ
  • 足や顔のむくみ
  • 頭痛
  • 体の冷え
  • 頻尿・尿もれ
  • 抜け毛・薄毛

主な治療法としてはホルモン補充療法 や漢方療法、心療内科などでの カウンセリング、そして 生活習慣の改善などがあげられます。

一見、更年期障害と思っても実は重大な病気が隠れている場合もあり、医師の診察等を受けるのがベストです。

さて、青汁が更年期障害に効果的というのは、主に「更年期障害の体質改善」になります。

その理由として、青汁には更年期障害の予防や緩和に効果的なビタミン群が多く含まれているのです。

たとえば、自律神経を調整する効果があるビタミンB1や、ビタミンB1の吸収をサポートするアリシン、そしてホルモンバランスを調整するビタミンEなどが予防には効果的です。

また、ホルモンバランスを改善する栄養素として、ビタミンEやビタミンB6、カルシウム、亜鉛などが青汁には含まれています。

さらに、更年期症状を抑えたり、症状の緩和に有効なビタミンCや、βカロテン、SOD酵素、ポリフェノールなど、青汁には更年期症状体質の改善に効果的な栄養素が多く含まれています。

青汁で更年期障害の体質改善の効果なしの原因

さきほどもお伝えしましたが、更年期障害の症状のようなのに、実は他の重大な病気の場合があります。

自分で勝手に、症状だけをみて「更年期障害」と決めつけていませんか?

まずは医師などの診察を受けてみることをおすすめします。

9・ストレス体質改善効果

青汁がストレス体質を改善する効果は「ビタミンE」や「ビタミンC」の強い抗酸化力により、自律神経の乱れにより起こった「胃」の粘膜を回復・改善する効果によるものです。

また、ケール原料に多く含まれる「メラトニン」には、質の高い睡眠を促す効果があり、疲れきった体を「良質な睡眠」で正常に戻す働きをします。

青汁でストレス体質改善効果なしの原因

ストレスと一言で言っても、精神的ストレスや身体的ストレスなど原因は様々です。

青汁はストレスで弱った体を、栄養面でサポートするアイテムのひとつに過ぎません。

職場環境の変化や人間関係、肉体の過度な疲労など、ストレスの原因を取り除くことが最も大切といえます。

10・便秘解消効果

青汁の便秘解消効果

青汁で得られる「お悩み系」の効果の中で、「便秘解消効果」を期待する人が多いのです。

便秘解消は結果的にダイエットにもつながり、健康的な一日をはじめるためにも、毎朝スッキリしていることはとても大切ですよね。

青汁による便秘解消効果は「食物繊維」を豊富に含んでいるからです。

食物繊維には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」があります。

なかでも、水溶性食物繊維には様々な効果があります。

  • 便をやわらかくして排出する
  • 水分を含んでゲル状になり、糖質などを包み込んで排出する
  • 血糖値の上昇を緩やかにする
  • 腸内環境をよくする

また、青汁に含まれる「オリゴ糖」も便秘解消効果に有効です。

オリゴ糖には、便秘解消に必要な「善玉菌」を増やす働きがあります。

お腹スッキリ快便ダイエットについては快便すぎる? 青汁で【お腹スッキリ快便ダイエット】のツボ!をご参照ください。

青汁で便秘解消効果なしの原因

水溶性植物繊維が便秘解消に有効とお伝えしましたが、「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」をバランスよくとることが重要です。

不溶性食物繊維は、穀物や根菜類に多く含まれますが、水に溶けにくく、発がん性物質などの有害物質を排出する役割があります。

便秘解消には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」をバランスよくとることが大切といえます。

11・むくみ改善効果

青汁のデトックス効果効果でもお伝えしましたが、むくみの改善効果に効果的な栄養成分は「カリウム」です。

カリウムには利尿作用があり、体内に溜まった余分な水分を排出する働きがあります。

特に現代生活は「塩分過剰」な食生活で、体内の塩分濃度が高くなる傾向にあります。

このナトリウム(塩分)とカリウムは常に一定のバランスが保たれているのがベストですが、いったん崩れるとカリウム不足となり、塩分濃度を下げるために水分過多となるのです。

カリウムは、大麦若葉・ケール・明日葉などの青汁に多く含まれているため、青汁がむくみに効果的といえます。

中でも、明日葉に含まれる「カルコン」という成分は、むくみ解消に効果的といわれています。

カルコンには血管の拡張作用や利尿作用があるので「むくみ解消」には明日葉原料の青汁がおすすめともいえます。

青汁でむくみ改善効果なしの原因

カリウムの過剰摂取は「むくみ改善」どころか「高カリウム血症」などを招く場合があります。

むくみ改善には目安量をしっかり守って飲むことが大切です。

12・口臭・体臭予防効果

気になる体臭や口臭は、知らないうちに不快感を与えてしまう恐れがあるので気をつけなくてはいけません。

最近では「スメルハラスメント」とも言われ、対人関係に影響を与えることも少なくありません。

体臭は様々な原因によって発生します。

  • 加齢による体臭
  • 汗による体臭
  • ワキから発する体臭
  • 頭皮から発する体臭
  • 足から発する体臭

また、口臭は舌の汚れや、腸内環境の悪化で発生することが多くあります。

青汁には体臭や口臭に効果的な成分が多く含まれています。

  • SOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)酵素
  • 葉緑素
  • 食物繊維

口内や体を清潔にすることが最も大切ですが、青汁では体臭・口臭に効果的な成分で、体の内側から改善することができるのです。

口臭・体臭予防効果については青汁でクサイ体臭や口臭を撃退!効果的な予防と改善法もご参照ください。

青汁で体臭・口臭予防効果なしの原因

体臭・口臭を青汁だけで予防することが難しい場合も多くあります。

例えば、体質によるものであったり、口内環境や胃腸などが弱ったり、異常な病気の予兆の場合もあります。

体臭は分泌する皮脂や汗の量によっても個人差があり、特に肥満体質の場合は肌を清潔に保つ必要があります。

また、口臭がひどい場合は、腸内環境だけでなく「虫歯」や「歯槽膿漏」などが原因の場合もあります。

青汁で体臭・口臭予防効果が得られない場合は、もう一度あなたの体をチェックしてみましょう。

13・冷え性改善効果

冷え性は主に次のような原因でおこります。

  • 食事による冷え性
  • 薄着などによる冷え性
  • 室内環境よる冷え性

青汁は冷え性の原因で最も重要な「食事による冷え性」の改善効果があります。

その中でも、青汁に含まれる豊富な栄養素が「血行の促進や消化促進、代謝アップ」に作用します。

また、忙しくて朝食抜きに生活では、1日に活動するエネルギーも不足します。

エネルギーが不足すると代謝が落ち、体を冷やすことにつながります。

忙しい朝こそ「1杯の青汁」が冷え性にも効果的といえます。

冷え性改善については青汁が冷え性を改善する! 「青汁が体を冷やす」の噂を検証!もご参照ください。

青汁で冷え症改善効果なしの原因

冷え性は食事だけでなく、「衣・食・住」と密接にかかわっています。

食生活の改善とともに、夏場の薄着や冷房の効かせすぎなど、生活環境に目を向けることも大切です。

14・ニキビ予防・対策効果

青汁のニキビ予防・対策効果

ニキビには10代などの「思春期ニキビ」と、大人になってからの「大人ニキビ」があります。

思春期ニキビは若さならではの、活発な皮脂の分泌が原因なので、こまめに洗顔したり、毛穴の汚れを丁寧に取り除くことで多くは改善します。

しかし、「大人ニキビ」は肌の代謝(ターンオーバー)が主な原因で、洗顔などのスキンケアだけでは防ぎきることができません。

そのほかにも、栄養バランスが偏っていたり、腸内環境の悪化によるニキビも見逃すことができません。

便秘が原因によるニキビも同様です。

青汁がニキビ予防や、ニキビ対策に効果的な理由は主に2つあります。

  • 代謝をよくするためのビタミン
  • 腸内環境を改善する食物繊維

この2つの作用により、ニキビ予防・対策が可能です。

まず、ビタミンでは主にビタミンB群が効果的で、肌粘膜の保護や、菱の分泌量をコントロールします。

また、豊富な食物繊維は腸内環境を改善し、体内に溜まった老廃物をゴッソリ取り除いてくれます。

腸内環境の悪化はニキビの予防・対策だけでなく、肌そのものによい影響を与えます。

体内環境をよくすること、代謝をあげスムースなターンオーバーを促進させることが、ニキビ予防やニキビ対策には有効です。

青汁には、ビタミンB群をはじめ、腸内環境を整える食物繊維や乳酸菌など、ニキビ対策によい栄養成分が豊富に含まれているのです。

青汁でニキビ予防・対策の効果なしの原因

青汁だけでニキビ予防やニキビ対策ができない場合もあります。

いわゆる「効果なし」の状態です。

にきびの原因には、ほかにもストレスやホルモンバランスの乱れ、合わない化粧品、洗顔のしすぎ、喫煙・飲酒、など多くの原因が考えられます。

今一度、食生活以外のニキビの原因を見直してみてはいかがでしょうか?

15・不眠症予防・改善効果

青汁の不眠症予防や改善に効果的な栄養は「メラトニン」という成分です。

不眠症二効果的な栄養素は9つあるといわれています。

  1. 葉酸
  2. ビタミンB1
  3. ビタミンB12
  4. ビタミンE
  5. 鉄分
  6. マグネシウム
  7. カリウム
  8. メラトニン
  9. トリプトファン

なかでも、睡眠ホルモンを作り出すメラトニンは、朝日などの強い日差しを受けた14時間後に作り出されるといわれています。

朝7時に強い日差しを受けた場合、14時間後は夜の9時。

この睡眠に欠かせない成分のメラトニンを分泌するのが「トリプトファン」なのです。

トリプトファン自体は体内では作り出すことができないため、外部からの摂取が必要なのです。

青汁原料の中でも「ケール」には、ビタミン・ミネラル・食物繊維などが豊富に含まれているだけでなく、快眠ホルモン「メラトニン」を多く含んでいるのです。

不眠解消予防・効果にはケール原料の青汁がおすすめといえます。

不眠解消については青汁で睡眠!メラトニンを補い「不眠解消」するベストな方法もご参照ください。

青汁で不眠症予防・改善効果なしの原因

強い日差しを受けてから14時間後にメラトニンが作り出されるとお伝えしましたが、夜勤や残業、付き合いで生活リズムが乱れると、せっかくメラトニンが分泌されても意味がありません。

余計にストレスとなって、不眠を加速することにもつながります

。やはり快眠のためには「規則正しい生活」が1番のようです。

16・貧血予防効果

貧血の予防にも青汁はとても効果的です。

「貧血」とは、出血性・巨赤芽球性・再生不良性・溶血性貧血など種類がありますが、その中でも、血液中の赤血球にあるヘモグロビン不足の状態「鉄欠乏性貧血」がもっとも多い貧血の原因といわれています。

では、この「ヘモグロビン不足」を解消するにはどうしたらいいかというと、ヘモグロビン不足の最大の原因は「鉄分不足」によるものです。

とくに、女性の妊娠中や、月経期には貧血になることが多く、慢性的な鉄分不足に陥ります。

青汁には鉄分を多く含んだ青汁が多くあります。

詳しくは鉄分の多い青汁を参照してください

青汁で貧血予防・効果なしの原因

鉄分が重要とお伝えしましたが、他にも、葉酸やビタミンB12・マンガン・銅などのビタミン類やたんぱく質が必要です。

青汁でしっかり鉄分を補い、食事から他の栄養素を摂取するのが、貧血予防には効果的といえます。

17・血糖値上昇抑制効果

血糖値上昇抑制効果が高いのが、難消化性デキストリンです。

難消化性デキストリンは、糖の吸収を穏やかにする働きがあり、食前や食事と一緒にのむことで、糖が時間をかけてゆっくりと吸収されていきます。

最近では大正製薬からトクホの青汁として「血糖値上昇抑制効果」をはっきり明記できる青汁も販売されています。
ヘルスマネージ大麦若葉青汁 難消化性デキストリン

とくに50代を超えたあたりからは、全体の30%以上の人が「血糖値」に注意が必要といわれています。

青汁で血糖値上昇抑制効果なしの原因

食前や食事中に飲むことで、一定の効果を得ることはできますが、やはり生活習慣と食生活は見直す必要があるでしょう。

コンビニ弁当や外食ばかりでは、とても追いつきません。

血糖値の上昇が気になりだしたら「食生活」をしっかり変えることが大切です。

18・疲労回復効果

青汁の疲労回復効果

疲労は現代生活で命の危険にもかかわる重大な問題です。

疲労と言っても「肉体的な疲労」と「精神的な心の疲労」があります。

もちろんこれらの疲労回復に効果的な栄養素を青汁でとることができますが、まずはどのような栄養素が必要か見てみましょう。

肉体的な疲労回復に効果的な栄養素

  • ビタミンB群
  • ビタミンC(アスコルビン酸)
  • ビタミンAとビタミンE
  • クエン酸
  • 亜鉛

精神的な心の疲労

  • カルシウム
  • マグネシウム
  • アミノ酸(チロシン)
  • トリプトファン・メラトニン

これらの成分をみると、その多くが青汁に含まれていることがわかります。

ここでは詳細は省きますが、これらの栄養素は、疲労回復に効果があるといわれています。

つまり、青汁は肉体的な疲労回復と、精神的な心の疲労回復に有効といえるのです。

青汁で疲労回復効果なしの原因

不眠解消のところでもお伝えしましたが、疲労回復には「質の高い睡眠」がとても重要です。

青汁成分のメラトニンだけでなく、布団の固さや、枕などでも疲労度は変わってきます。

一説には横向き寝が疲労回復効果が高いとも言われています。

実は寝ている間にも「体力」は消耗しているので、睡眠を見直してみるのも疲労回復には効果的といえます。

19・アレルギー体質改善効果

アレルギー体質には、生まれたときから備わっている「先天性のアレルギー」と「後天性のアレルギー」があります。

また、アレルギーと一言で言っても、その症状は多岐にわたりここで、全てをお伝えすることは難しいといえます。

青汁がアレルギーに効果的というのは、アレルギー体質を改善するビタミンCやビタミンB6、ミネラル、フィトケミカル、食物繊維などが豊富に含まれているからです。

また、最近の青汁は「無農薬」や「有機栽培」の原料を使用したものが多く、アレルギー体質の人でも安心して飲める青汁が増えています。

青汁でアレルギー体質改善効果なしの場合

青汁がアレルギー体質を改善するのとは逆に、青汁でアレルギーになる可能性もあります。

どの食べ物でもそうですが、アレルギーを心配される場合は「青汁を飲むのを中断」したり、「医師に相談」することがとても重要です。

20・糖尿病改善効果

血糖値抑制効果でもお伝えしましたが、糖尿病は血糖値と深い関係があります。

糖尿病は、慢性的に血糖値が高い状態で、その多くは自分では気がつかないうちに進行しています。

この血糖値に関する説明は、「17・青汁の血糖値抑制効果」を参考になさってください。

21・免疫力アップ効果

免疫力が低下すると、すぐに風邪をひいてしまったり、肌荒れや、口内炎など様々な症状を引き起こします。

その原因は、ビタミン不足による免疫力の低下です。

そもそも免疫力とは、私たちに本来備わっている体の防御システムですが、この免疫システムが崩れると、抵抗力がなくなり、ちょっとしたきっかけで風邪やインフルエンザなどの細菌を食い止めることができなくなるのです。

また、加齢とともに免疫力は低下するので、毎日の生活で免疫力が弱らないよう気をつけなくてはいけません。

青汁が免疫力のアップに効果的というのは、風邪などに有効なビタミンCと、一緒にとることで効果を引き出すβ-カロテン、ビタミンEなどが多く含まれています。

また、強い高酸化作用を持つ、SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)酵素は、多くの病気に効果的といわれています。

他には、カルコン・クマリン・ルテオリンなどの抗酸化成分も含まれ、免疫力のアップにつながります。

このように、原料の違いにより特徴ある栄養素は違いますが、青汁には免疫力アップ効果があるといえます。

青汁で免疫力アップ効果なしの原因

やはり免疫力のアップには「生活習慣」が深くかかわってきます。

例えば、過度な食事制限ダイエットなどでは栄養不足になり、免疫力の低下を招くこともありますし、暴飲暴食で腸内環境が乱れれば免疫力は低下します。

免疫力のアップには、青汁だけ飲んでいればいいというわけではないのです。

22・風邪予防効果

風邪ウイルスは約200種類あるといわれています。

それらのウイルスと人の免疫システムは日々戦っています。

しかし、免疫力が低下すると一気にウイルスの餌食となってしまうのです。

免疫力を低下させ、風邪になってしまうのはあるパターンがあります。

例えば、睡眠不足による免疫力が低下や、過度なストレスによる免疫低下、ビタミン不足など栄養バランスの乱れが原因の免疫力低下、女性では生理前のホルモンバランスが崩れたときに免疫力も低下します。

青汁には、風邪などに有効なビタミンCと、一お互いに効果を引き出すβ-カロテン、ビタミンEなどが多く含まれています。

また、ビタミン類だけでなく、免疫力アップに欠かせない「質の高い睡眠」をうながす、メラトニンやトリプトファンなど、結果的に、体のあらゆる部分に作用する栄養素を持っているのです。

青汁で風邪予防効果なしの原因

ビタミンCなどの栄養成分はもちろん大切ですが、腸内環境を整えることが風邪にも有効です。

実は、人に備わっている免疫細胞の多くが腸内にあります。

腸内環境の悪化=免疫力の低下、といっても過言ではありません。

その点、青汁には腸内環境を良くする栄養素がたっぷり含まれているため、免疫力のアップ効果があるのです。

23・夏バテ予防効果

青汁で夏バテ予防効果

暑い夏はどうも食欲が落ちたり、やる気が起こらなくなることありますよね。

夏バテの症状は、倦怠感、疲労感、消化器の不調、自立神経の乱れ、食欲不振、めまい、下痢など多くあります。

夏バテの主な原因は、冷房などによる体の冷え、冷たい飲み物・食事による胃腸の冷え、胃腸不良によるビタミンの吸収力低下、汗により失われた水分不足とミネラル不足、などがあります。

青汁では夏バテ予防に効果的な栄養素が豊富に含まれています。

例えば、「ビタミンB1・ビタミンC」は疲労回復や疲労予防に効果的ですし、胃腸の消化を助ける「パントテン酸」、汗で失われたミネラルを補給する「カリウム」などが夏バテに効果的です。

もちろん、水分も同時に補給できるので一石二鳥です。

青汁で夏バテ予防効果なしの原因

栄養面では青汁を飲むことで夏バテ予防には効果的ですが、エアコンの効かせすぎや、薄着、冷たい食べ飲み物の暴飲暴食は、夏バテを加速させます。

ついつい冷たいものを摂ってしまいがちですが、暑い夏にこそ、胃腸に負担をかけないような「温かい」食べ飲み物を摂ることが大切です。

24・新陳代謝アップ効果

青汁がダイエットに有効なのは、新陳代謝をアップさせる効果があるのも見逃せません。

一般的に「太りにくい体質」の人は新陳代謝がよく、「太る体質」の人は新陳代謝が悪いといわれています。

また、新陳代謝が悪いと血行不良や、冷え性、肌荒れ、疲労感なども感じるようになります。

青汁が新陳代謝アップに効果的な理由は、脂肪燃焼に効果的な「ビタミンB群」が豊富に含まれていることや、亜鉛・鉄・カルシウム・マグネシウムなどのミネラル類が多く含まれているからです。

どれも日常生活で不足しがちな栄養素ですが、青汁はこれらの栄養素をしっかり補給できるので効果的です。

青汁で新陳代謝アップ効果なしの原因

いままでと同じ食生活なのに最近代謝が落ちてきた…という場合もあります。

それは加齢による代謝の低下も考えられます。

しかも、年を重ねるごとに運動による代謝力も落ちてきます。

しっかりと代謝に効果的な栄養素を取り入れながら、適度な運動(有酸素運動)で代謝をアップさせるとより効果的です。

青汁の原料・素材別の効果と効能

青汁と一言で言っても、原料には様々な素材が使われています。

主に使用される青汁の原料は、大麦若葉、ケール、明日葉、長命草、クマザサ、桑の葉などですが、原料別でも青汁の効果は変わってきます。

大麦若葉青汁の効果

大麦若葉に含まれる主な成分は、SOD酵素、カルシウム、鉄、亜鉛、カリウム、マグネシウム、β-カロテン、ビタミンB群、ビタミンC、食物繊維のほか豊富なミネラル郡も多く含まれています。

大麦若葉青汁で得られる効果としては、便秘改善などの腸内環境改善効果や、デトックス効果、脂肪燃焼効果(ダイエット効果)、アンチエイジング効果(抗酸化作用)、アレルギー体質改善効果、美肌効果、ストレス解消効果などがあげられます。

また、鉄分や、ビタミンB12、葉酸なども多く含んでいるので、冷え性改善にも効果的といえます。

ケール青汁の効果

ケール原料の青汁には、βカロテン(ビタミンA)、ルテイン、ビタミンC、ビタミンE、食物繊維、カルシウム、メラトニンなどの成分が多く含まれています。

ケール青汁で得られる効果は主に、アンチエイジング効果(抗酸化作用)、ドライアイ、不眠解消効果、にきびやシミの予防・改善効果、美肌効果などがあげられます。

ケールは「緑黄色野菜の王様」と呼ばれるだけあり、青汁原料としても人気の素材の1つです。

明日葉青汁の効果

八丈島を中心に多く栽培されている明日葉は、他の青汁原料とは違った効果が期待できます。

明日葉に含まれる栄養素は約20種類あり、ビタミンA・B1・B2・CなどビタミンB12以外のほぼ全てのビタミンを含んでいます。

明日葉特有の栄養素といえば、ポリフェノール「カルコン」です。

明日葉青汁の効果・効能は、動脈硬化予防効果、高血圧予防効果、糖尿病予防効果、免疫力アップ効果、便秘解消効果、美肌効果、骨粗しょう症予防効果、認知症改善効果、むくみ改善効果などがあげられます。

長命草青汁の効果

長命草は沖縄で伝統食材として使用されるせり科の植物です。

長命草の成分は、カルシウム、リン、ナトリウム、鉄、カリウム、マグネシウム、亜鉛、カロチン、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、食物繊維、ルチン、クロロゲン酸、ネオクロロゲン酸、ポリフェノール、ビスナジン、イソサミジンなど多くの栄養成分が含まれています。

美容成分としてはキャベツの5倍以上といわれる食物繊維や、かぼちゃの1.6倍といわれるビタミンA、プルーンの6倍の鉄分、牛乳の4倍のカルシウムのほか、他を寄せ付けないほどのポリフェノールを含んでいます。

美容効果のほかにも明日葉青汁にはこのような効果があります。

高血圧や動脈硬化予防効果、抗酸化作用や活性酸素の除去効果、腸内環境改善効果、疲労回復効果、美肌効果、神経痛やリウマチの予防効果、糖尿病予防効果、肝機能回復効果、滋養強壮効果などです。

クマザサ青汁の効果

クマザサは主に高山に生息する植物で、主な成分は、鉄、カルシウム、ビタミンC、ビタミンK、ビタミンB1、ビタミンB2、葉緑素・アミノ酸・多糖類(バンフォリン)、ミネラル群などが多く含まれています。

クマザサ青汁の効果としては、貧血予防効果、口臭・体臭改善効果、血栓予防効果、血中コレステロール抑制効果、便秘解消効果、胃腫瘍・十二指腸潰瘍予防効果などがあげられます。

クマザサが、古くから薬用として使われてきたのも納得ですね。

桑の葉青汁の効果

桑の葉も青汁原料として使われます。

桑の葉には、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛、鉄、マグネシウム、カルシウム、食物繊維、フラボノイド、カロテン、γアミノ酪酸などが含まれています。

桑野は青汁で期待できる効果としては、生活習慣病予防効果、腸内環境改善効果、血糖値抑制効果、糖尿病予防効果のほか、二日酔い予防効果やメタボリックシンドローム予防効果もあるといわれています。